亀岡街道を往く。(大阪府になりたかった村と北摂キリシタン遺構探訪)

ブログ埋め込み用HTMLタグ

地図の幅: px      地図の高さ: px

タグ:

NEWTRACK001

プロフィールマップ

GPSログ解析

開始日時2014/10/18 07:52:52終了日時2014/10/18 13:24:38
水平距離54.79km沿面距離55.08km
経過時間5時間31分46秒移動時間3時間58分26秒
全体平均速度9.96km/h移動平均速度13.86km/h
最高速度55.86km/h昇降量合計1394m
総上昇量654m総下降量740m
最高高度483m最低高度32m

写真レポート

スタート地点 亀岡駅

2014/10/18 08:02:27

スタート地点 亀岡駅

旧丹波国の最南端に位置し、山城国・摂津国の境目となっています。旧丹波国の中では人口は一番多く、その中心都市として名高い場所でした。戦国時代末期に明智光秀が丹波亀山城と城下町を築き、それが現在の亀岡市の礎となっています。



旧山陰道

2014/10/18 08:09:49

旧山陰道

古い家並みが残り、歴史遺構なども熱心に残そうとしている町の様子です。



辻の堂と道標

2014/10/18 08:47:31

辻の堂と道標

旧市街の外れには、小さなお堂と道標があった。

右 かめやま 左あたご道



霧にむせぶ

2014/10/18 08:49:07

霧にむせぶ

天気がいいと田園地帯が広ろがる景色でしょうが、この日は霧がすごい事になっています。



妙見宮御供米田地の碑

2014/10/18 09:18:02

妙見宮御供米田地の碑

亀岡街道沿いには 能勢妙見さんへの 道標が非常に沢山ある。
江戸後期に妙見信仰は非常に流行り特に商人と水商売関係者の信仰を集めたそうだ。

この板碑は妙見さんへの御供米田である事を示している。



霧が晴れて

2014/10/18 09:19:38

霧が晴れて

霧が晴れて豊能地区のすばらしい棚田が広がる。



妙見さんへの道標

2014/10/18 09:21:07

妙見さんへの道標



イングランド風の建屋

2014/10/18 09:29:06

イングランド風の建屋

関連リンク

日本の農村風景に突然現れる イングリッシュガーデン 風景に溶け込んでいました。



たまごかけご飯

2014/10/18 09:40:31

たまごかけご飯

関連リンク

卵かけごはん大盛り450円を注文しました。

卵は幾らでも食べ放題・ご飯のお代わりは大盛り¥200くらいだった。
9:30から営業しているとの事だった。



新鮮卵

2014/10/18 09:40:31

新鮮卵

飯は炊きたて、卵はすごく鮮度がよくて、濃厚な味のするので、結局4個も食べてしましました。
朝飯にしては食べすぎ・・

いやしかし・・これはうまいわ。



県境(府境か?)

2014/10/18 09:57:31

県境(府境か?)

卵を堪能した後、しばらく走ると大阪府と京都府の県境(府境)がある。



大阪府になった村

2014/10/18 09:59:41

大阪府になった村

(記念碑)
当部落は、旧藩時代旗本領に属し、牧村といったが、明治22年、自治制発布に伴い、京都府南桒田郡西別院村字牧となった。以来60年余り、部落民は大阪府への合併希望を潜在意識として常に持ち続けて来た。丁度、町村合併促進法の施行によって表面化し、亀岡市誕生にも極力反対したが、諸般の情勢上、一応、昭和30年1月1日、亀岡市西別院町牧となった。その後も大阪府への合併実現に努力し、遂に、昭和33年4月1日、宿願の大阪府豊能郡東能勢村牧となった。



山間の旧家

2014/10/18 10:09:08

山間の旧家

道は国道と同化したり、それたりしながら並走する。
旧道には、かまえの良い旧家が並ぶ。



秋

2014/10/18 10:18:50

柿が色付いて深い秋の空とのコントラストが美しい。



茨木市へ至る。

2014/10/18 10:31:04

茨木市へ至る。

道はいよいよ北摂地区の茨木市へと入っていく。



杉木立の道を行く。

2014/10/18 10:44:24

杉木立の道を行く。

植林された杉木立の杣道を走る、鬱蒼として暗い道。



茨木市立キリシタン遺物史料館

2014/10/18 10:46:53

茨木市立キリシタン遺物史料館

関連リンク

僕は泉州の堺生まれで、ザビエル公園の近くの学校へ通っていたのですが。
かの有名なザビエルの肖像画がここから発見された事は知らなかった。



ザビエル画(複製)

2014/10/18 10:46:53

ザビエル画(複製)

この付近はかつてキリシタン大名として有名な高槻城主・高山右近の領地であった影響で、当時キリスト教信者となった領民が多く、キリスト教禁制後も隠れキリシタンとなり、山奥のこの地で信仰を密かに守りつづけた人々がいた。

大正時代になってこの地区のキリシタン信仰が公になり、民家(東家)の梁にくくりつけられていた「あけずの櫃」に収められて代々厳重に封印されていたものが世に出されたそうです。

豊臣秀吉・徳川時代のあの過酷な弾圧をよく耐え忍んで信仰を続けたものだと素直に関心する。



展示資料

2014/10/18 11:07:49

展示資料

キリシタン信徒の墓石と拓本



新名神高速の橋脚

2014/10/18 11:16:07

新名神高速の橋脚

キリシタン資料館をでて道を下ると、新名神高速の橋脚が見えて来た。
この辺りに新名神高速とサービスエリアができるので、あるキリシタン遺跡はほとんど無くなる様子です。



北摂の街遠景と棚田

2014/10/18 11:27:22

北摂の街遠景と棚田

更に道を下ると、突然北摂の街遠景と棚田が見えてくる。



北摂福井城跡

2014/10/18 11:29:44

北摂福井城跡

関連リンク

福井城は建武元年(1334)楠木正成が築いた山城である。



所々に残る道標

2014/10/18 11:34:57

所々に残る道標

市街域にくると街道風情が少なくなってくる。
所々にある道標のみがこの道が街道であった事を示す。



中川原の道標

2014/10/18 11:37:16

中川原の道標

掲示板
この地は、茨城市内を東西に走る西国街道 と、南北に走る亀岡街道 が交差するところです。町名を「中河原町」といい、茨城の城主として名を連ねている「中川清秀」が生まれたといわれる由緒地です。
 中川清秀は、中川佐渡守重清公の長男として生まれました。『中川史料集』によると、天文十一年壬寅(一五四二年)「城州所詳らかならずに於て、御誕生御名虎之助、後瀬兵衛尉と称し奉る」とあり、生まれた詳しい場所はわかりませんが、清秀の菩提寺である梅林寺の蔵書に、摂州島下郡中河原とあることから、この辺りであるとも考えられています。



所々に残る道標

2014/10/18 12:00:21

所々に残る道標

右 たん波 妙見



所々に残る道標

2014/10/18 12:34:27

所々に残る道標

右 勝尾寺 総持寺

左 大坂



所々に残る道標

2014/10/18 12:35:43

所々に残る道標

右 茨木総持寺 京 富田 高槻



吹田の渡し跡

2014/10/18 12:38:59

吹田の渡し跡

かつてはここに吹田の渡しがあった。
現在は斜張橋が架かる。



現在の道標

2014/10/18 12:46:19

現在の道標

大阪市が設えた新しい道標がある。



亀岡街道掲示板

2014/10/18 12:55:41

亀岡街道掲示板

淀川のほとりに大阪市が設置した亀岡街道の説明掲示板があった。
亀岡街道は明治の中ごろに整えられたとの事。



天神橋商店街へ至る。

2014/10/18 13:12:35

天神橋商店街へ至る。

道はやがて天神橋商店街へ至る。
かつてはこのあたりは天満の青物市場があった。江戸期には青果物(野菜・果物)の取り扱いを独占していたのがこの市場である。

おそらくは桂川の保津峡を川舟は下れなかった事だろうから、上流部の丹波地方の農産物を亀山(亀岡)で下ろして亀岡街道を運んで来たのでしょう。

今でも休日はすごい人出である。



高麗橋

2014/10/18 13:23:50

高麗橋

終点です。