2016.08.06 暑い夏に少しだけ涼しい千葉市郊外の谷津道を走る

ブログ埋め込み用HTMLタグ

地図の幅: px      地図の高さ: px

タグ:

2016-08-06 07:56:48 to 2016-08-06 15:21:47

プロフィールマップ

GPSログ解析

開始日時2016/08/06 07:56:48終了日時2016/08/06 15:21:47
水平距離84.83km沿面距離84.86km
経過時間7時間24分59秒移動時間4時間05分15秒
全体平均速度11.44km/h移動平均速度20.76km/h
最高速度50.46km/h昇降量合計652m
総上昇量326m総下降量326m
最高高度98m最低高度0m

レポート概要

8月に入ってから猛暑の日々が続いており、サイクリングのモチベーションが下がり気味になってしまいますが、こんな時期にこそ千葉市郊外に広がる谷津田沿いの道、即ち谷津道を走ることを強くお勧めしたいと考えています。
私が感じている谷津道サイクリングのメリットは主として下記の通りです。
   ①谷津の地形を利用した水田が多いので気化熱によって周辺の気温が低くなる。
   ②水辺に続く樹木とその下を走る日陰の道が涼しくて心地よい。
   ③自動車が殆ど通らないのでリラックスして走れる。
   ④一般道から入り込むと別世界の様に自然環境に恵まれている。
   ⑤千葉市街地からの距離が近いので気軽に利用出来る。
等々の特徴があります。 但し、谷津道は主として農作業に使われているので、作業の邪魔にならぬ様に留意することも肝要です。 
 
【メモ】 
最高気温: 32.6℃ (千葉市)
最低気温: 29.3℃ (千葉7時頃)
天候:曇りのち晴れ
風: 南西 2m/s または 西2m/s

【本日のウェア】 
上:ドライアンダー + 半袖ジャージ +白UVアームカバー
下:7分丈ビブショーツ
その他: 指切りグローブ + レーシングキャップ

【注】
プロフィールマップの高度はカシミール3Dの高度補正機能(国土地理院の10mメッシュデータ引用)で補正し、GPSのトラックポインターの大きな乱れは同様にカシミール3Dのトラック編集機能を使用して補正しました。 

写真レポート

01 第一集合地点

2016/08/06 07:56:55

01 第一集合地点

【ファミリーマート幸町店】
今日は意外と朝の気温が低いサイクリング日和ですが、今回のサイクリングは千葉市郊外の谷津道を環状に廻ってスタート地点へ戻る、題して「暑い夏に少しだけ涼しい谷津道を走る」スローペースのお気楽サイクリングです。 
距離も80km程度と少ないので参加者も少ないかと思いきや、何と13名もの大集団に膨れ上がりました。
ここ、第一集合地点の幸町ファミマには7名が集まり、定刻の少し前に第二集合地点である三角町に向けて出発しました。 写真はR357/R14に架かる黒砂陸橋下の交差点で撮影したものです。



02 第二集合地点

2016/08/06 08:25:52

02 第二集合地点

【三角町ファミリーマート】
ここでカップル参加二組を含む6名が合流し、合計13名となりました。
今回の計画ルートでは少し先の柏井浄水場を通過した直後から見慣れない林道や谷津道に入り込むので、参加者の方々は自分の位置が不明になって混乱するのは間違いありません。 
(私も初回は大混乱で徘徊しました。 当然のことながら、走行コースは事後にこのレポートで公開してタネ明かしをしています)
そんな混乱した様子を拝見するのを楽しみにしながら、2グループに分散して定刻に出発しました。



03 手繰川谷津道

2016/08/06 09:07:49

03 手繰川谷津道

ここで四街道の市街地を源流?として印旛沼近くの新川に流れ込む手繰川の谷津道と交差します。
この谷津道は佐倉方面から四街道や千葉市北部に自転車で抜ける際には特にお勧めです。
この地点を拡大して航空写真に切り替えて見て下さい。 四街道から新川まで北上する素晴らしい谷津道ハイウェイ?が確認できる筈です。



2016/08/06 09:22:53

04 物井ミニストップ

谷津道サイクリングは快適なのですが、コンビ二や食事場所が一切存在しないという弱点があります。
でも、通常の谷津道サイクリングでは谷津道だけを走るのではなくて、複数の谷津道を渡り歩くので心配は無用です。 この物井ミニストップも谷津道を繋ぐルート上にある重要補給地点です。
鹿島川谷津道散策や成田方面への裏道ルートを走る際にも利用できる、とても便利なコンビ二です。



05 DIC川村記念美術館

2016/08/06 10:02:55

05 DIC川村記念美術館

関連リンク

あーあー  ここの庭園も無料開放を止めてしまいました。
以前は無料で手入れの行き届いた園内を散策出来たのですが、係りの方に伺ったところ現在は入場料200円が必要だそうです。 最近は便利なコンビ二が閉店したり、遊び場所が使いづらくなったりで・・困ったもんです。

【URL】
http://kawamura-museum.dic.co.jp/index.html



06 富田都市農業交流センタ

2016/08/06 10:32:10

06 富田都市農業交流センタ

関連リンク

川村記念美術館をパスして、更に鹿島川の谷津道を進みます。
この周辺には全く休憩スポットがありません。 でも、少しだけ支流の谷津道に入り込んでから台地上部への坂を登るとこの富田都市農業交流センターに辿り付きます。
ここでは自動販売機での給水や、トイレ利用が可能です。 また、写真の休憩所は涼しい風が通り抜けて夏のサイクリングで火照った体を癒してくれます。

【URL】
http://www.chibacity-ta.or.jp/spots/toyodatoshi-center



07 グラッチェ昭和の森店

2016/08/06 11:41:00

07 グラッチェ昭和の森店

関連リンク

洒落た土気周辺、特にあすみが丘の街には沢山のランチスポットがあると思いきや、意外と見付かりません。
今回はいつものイタリアンレストラン「バウレット」がお休みの為、昭和の森正門近くのカフェレストラン「グラッチェ昭和の森店」に予約を入れてみました。 大分前に同じ場所に開店していた別のレストランに入った際に印象が良くなかったので心配していたのですが、今回は経営が異なる為か結果はオーライ。
店員さんの対応も料理もご機嫌なレベルで再訪の価値は充分あると感じました。

【URL】
http://tabelog.com/chiba/A1201/A120105/12037953/



08 グラッチェ発

2016/08/06 13:02:20

08 グラッチェ発

ランチは各種用意されているランチコースから選択します。 今回はボーノコースを選びました。
基本はサラダ・スープ付きのパスタセットですが、写真は一風変わった「洋風海鮮丼」。 好奇心旺盛なRKKさんと私は訳の分からぬままこれを注文! 結果は日本の海鮮丼をイタリアンにするとこんな感じだろうなと想像の通り。 酢飯にマグロ・サーモンやタコの刺身を乗せた上からマヨネーズとバルサミコ酢をかけたシンプルな感じですが、魚の刺身料理をうまくイタリアンに纏めた感じでご機嫌な、お味でした。



09 昭和の森展望台

2016/08/06 13:18:00

09 昭和の森展望台

食事後は帰途に就きますが、その前にお約束の昭和の森展望台に立寄って眼下に広がる房総の平野部の広い景色を楽しみます。 展望台直下の小中池迄足を伸ばしたいとの希望がありましたが、結構な急坂と距離があるので今回は時間の都合でパス。 日を改めて訪れたいと思います。
谷津道はまだ昭和の森から瀬又までの区間が残っています。 園内の下夕田池(シモンタ池)を経由していつものアップダウンの少ない道で帰ることにします。



10 下夕田池(シモンタ池)

2016/08/06 13:21:00

10 下夕田池(シモンタ池)

今回は通過のみ。 気の荒い白鳥のモンタはまだ生きているのでしょうか?



11 水辺の郷公園

2016/08/06 13:23:01

11 水辺の郷公園

この公園もひと気が無くて一人で来るとガランとして誰かが遠くから呼んでいる様な不思議な感じがします。(アブナイ アブナイ)
今回は通過のみ。



2016/08/06 13:41:06

12 越智三叉路

私のランドマークとなっている越智三叉路。 
ここを瀬又・土気工業団地・外房有料誉田インター・同板倉インターや大網街道 等々へ向かう判断点としています。
今回は村田川沿いに瀬又へ抜けることにします。



2016/08/06 13:51:03

13 瀬又サンクス閉店

長い間、ローディ達の集合地点やオアシスとしてお世話になったサンクス瀬又店。
残念ながら取り壊し中でした。 周辺にはコンビ二が無いので困りました。



14 解散地点

2016/08/06 14:18:10

14 解散地点

【セブンイレブン市原八幡石塚店】
今日はここで解散! 出発の幸町ファミマから約74kmでした。
谷津道は想い入れがなければ単調な風景に飽きが来るとも思いますが、夏場の走り易さやストレスフリーの安全な道として将来も更に新たなルートを確認の上、ご案内させて戴く予定です。
個人的にはパズルを解く様に谷津の中の点と点を走行可能な線として結ぶ作業は大いに面白みを感じています。 衛星写真、GPS等々現代の先端技術を殆ど無料で利用できることと、ローコスト・ネットワーク環境とスマートフォン等のインテリジェント端末が普及しているからこそ実現できる贅沢な遊びと思いませんか?



2016/08/06 15:21:47

15 第一集合地点に戻る

【ファミリーマート幸町店】
折角なので、スタート地点に戻ってみました。
ここまでの走行距離は 84.86km, 所要時間は7時間25分でした。



2016/08/06 15:21:48

16 バードビュー

関連リンク

今回走行した谷津道の広がり方を理解し易い様にいつもより高度を上げたバードビュー機能を使って追いかけ画像を作成しました。
このウェイポイントの 「関連リンク」をクリックするか下記URLをブラウザのアドレスバーにコピーして下さい。

【URL】
https://youtu.be/mcbdshA9eCQ