のんびり日光道中 日本橋~千住宿(2016/12/05)

ブログ埋め込み用HTMLタグ

地図の幅: px      地図の高さ: px

タグ:

日光道中(日本橋~千住宿)

プロフィールマップ

GPSログ解析

開始日時2016/12/05 09:36:25終了日時2016/12/05 14:22:36
水平距離11.48km沿面距離11.50km
経過時間4時間46分11秒移動時間3時間23分19秒
全体平均速度2.41km/h移動平均速度3.39km/h
最高速度4.99km/h昇降量合計44m
総上昇量29m総下降量15m
最高高度26m最低高度0m

写真レポート

日本橋を出発

2016/12/05 09:37:03

日本橋を出発

五街道の起点であり、日本国道路元標のある日本橋を出発。



昭和通りを渡る

2016/12/05 09:46:06

昭和通りを渡る

昭和通りは地下道を渡る。  道路の反対側に出ると、創業360年という小津和紙店がある。



日光街道の碑

2016/12/05 09:44:21

日光街道の碑

コインパーキングの傍らに、「旧日光街道本通り」の碑が立つ。



江戸傳馬町牢?場跡碑

2016/12/05 09:54:49

江戸傳馬町牢?場跡碑

大安寺内に立つ延命地蔵と、「江戸傳馬町牢?場跡碑」。 つまり打首場であった。向かいの十恩公園には、「吉田松陰終焉の地」の石碑が立つ。



横山町問屋街

2016/12/05 10:12:45

横山町問屋街

衣料品の問屋が並ぶ。 ここでも中国語を話す買い物客が多かった。



駒形橋からの眺め

2016/12/05 10:12:45

駒形橋からの眺め

スカイツリーと、アサヒビールのきんとん雲。 正式には「フラムドール」と呼び、フランス語で”金の炎”という意味だそうだ。 子供達には「うん〇」としか見えないようだが・・・



浅草寺雷門

2016/12/05 10:58:57

浅草寺雷門

雷門の向かいにある観光センターは、浅草一里塚の跡に建つ。



待乳山聖天の築地塀

2016/12/05 11:38:01

待乳山聖天の築地塀

推古天皇九年(601)夏、旱魃のため人々が苦しみ喘いでいたとき、十一面観音が大聖尊歓喜天に化身してこの地に姿を現し人々を救ったため、「聖天さま」として祀ったといわれる。 江戸時代の名残を留める、築地塀がが残る。



江戸六地蔵(東禅寺)

2016/12/05 11:10:07

江戸六地蔵(東禅寺)

江戸の出入り口6か所に立てられたお地蔵さん。 現在5か所に残っている。



あしたのジョーの丹下ジム

2016/12/05 11:30:00

あしたのジョーの丹下ジム

「あしたのジョー」で、丹下ジムがあったのが涙橋のたもとにあった。 もちろん今は川は埋められてしまった。



首切り地蔵(延命寺)

2016/12/05 12:25:55

首切り地蔵(延命寺)

小塚原刑場跡に立つ首切り地蔵。 明治初期に廃止されるまで、20万人以上の刑が執行されたそうだ。 恐ろしや・・・ 南無!!



素盞雄(すさのお)神社

2016/12/05 13:10:45

素盞雄(すさのお)神社

松尾芭蕉の「奥の細道」で、矢立初めとなった句碑がある。「行く春や 鳥啼き魚の 目は泪」



千住本町公園

2016/12/05 14:10:14

千住本町公園

高札場跡碑と、千住宿のマップがある。