北条鉄道沿線

ブログ埋め込み用HTMLタグ

地図の幅: px      地図の高さ: px

タグ:

ACTIVE LOG

プロフィールマップ

GPSログ解析

開始日時2017/03/22 09:40:29終了日時2017/03/22 12:56:49
水平距離28.35km沿面距離28.52km
経過時間3時間16分20秒移動時間2時間21分50秒
全体平均速度8.63km/h移動平均速度11.95km/h
最高速度26.89km/h昇降量合計229m
総上昇量115m総下降量114m
最高高度86m最低高度35m

レポート概要

【北条鉄道】
大正4年(1915)北条町駅から粟生駅までの13.6kmが開通。いろいろ変遷を辿りながら昭和60年(1985)に第3セクターとして昨年で満30年が過ぎた。それぞれ趣向をこらした途中の各駅が沿線住民の心意気が見られます。そんな北条鉄道を北条町から粟生駅へ辿って行きます。

写真レポート

酒見寺の国重要文化財『多宝塔』

2017/03/22 09:49:31

酒見寺の国重要文化財『多宝塔』

まず、北条町をポタリングから出発します。とはいっても酒見寺、五百羅漢、玉丘古墳を見学することにします。
酒見寺の多宝塔 上部屋根が桧皮葺で下部の屋根が瓦葺という造り。全国的にも珍しく、美しいとされているという。



五百羅漢

2017/03/22 10:01:49

五百羅漢

五百羅漢 ご先祖様に出合えるとも云われるらしいが ・・・?。決して本職の石工の作とは見えず、何らかの理由で競って奉納したのかも知れない? いつ頃の作かもわからないというのも不思議です。



玉丘古墳

2017/03/22 10:23:37

玉丘古墳

玉丘古墳群 数ある古墳群の中でもひと際大きく周囲に豪をめぐらしているのが播磨風土記に登場する¨根日女¨の墳。大きな公園として整備され、¨根日女¨の傍で散歩にジョギングに市民の憩いの場として楽しんでいる。



播磨横田駅

2017/03/22 10:59:01

播磨横田駅

玉丘古墳群をあとに「北条鉄道」沿線を辿ることにします。
県道23号から下里川の右岸を走り、踏切を渡って「播磨横田」駅に向かいます。



駅舎内の美術館

2017/03/22 10:56:25

駅舎内の美術館

いきなりローカル駅舎の趣向に驚かされます。田舎の美術館の域を越しています。興味のある人達にとっては電車に乗らずとも楽しい空間でしょう。



長駅

2017/03/22 11:07:01

長駅

駅舎に「駅ナカ婚活相談所」があります。しかも「入口はホーム側です」と。



画像

2017/03/22 11:11:43

画像

線路の向こうに神社があります。偶に参道?を線路が走っているのは見たことがありますが、こういう配置は初めてです。



播磨下里駅

2017/03/22 11:25:55

播磨下里駅

ホームに
   ¨応援は
  年一回の乗車から
      北条鉄道株式会社¨
という看板が立っています。



鶉野(うずらの)飛行場跡

2017/03/22 11:51:43

鶉野(うずらの)飛行場跡

旧海軍の訓練飛行場で隣には戦闘機「紫電改」の組み立て工場もあって試験飛行も行われたとか。



法華口駅

2017/03/22 12:06:01

法華口駅

開業時(1915年)に建てられた駅舎は 「国登録有形文化財」に登録。



画像12

2017/03/22 12:06:13

画像12

傍らには法華山一乗寺の「国宝三重塔」の縮小版が建てられています。



田原駅

2017/03/22 12:14:49

田原駅

丁度「フラワ2号」が入線してきました。



網引駅

2017/03/22 12:23:01

網引駅

加西市の「ふるさとの樹」に指定されている大きなイチョウの木に見守られている網引駅。
広場の一角に「列車転覆事故殉難の地」碑があります。
説明板には
¨試験飛行の「紫電改」が鶉野飛行場に着陸しようとしてエンジントラブルで線路上に墜落、定時より   5分遅れで法華口駅を発車した列車の通過と重なり転覆事故になり、死者も出た惨事となった・・   ・・¨
というような意味の事が記されています。なんと不運な・・・。



粟生駅

2017/03/22 12:56:01

粟生駅

粟生駅に到着。丁度13:09発の電車に間に合い、北条町へ輪行。