ぐるっと姫路ポタリング

ブログ埋め込み用HTMLタグ

地図の高さ: px     地図の幅は自動調整されます(固定幅にするにはwidthをピクセルで指定)

タグ:

ぐるっと姫路

プロフィールマップ

GPSログ解析

開始日時2016/11/17 08:04:25終了日時2016/12/08 11:58:31
水平距離139.61km沿面距離139.82km
経過時間507時間54分06秒移動時間11時間39分45秒
全体平均速度0.27km/h移動平均速度11.95km/h
最高速度39.13km/h昇降量合計1461m
総上昇量734m総下降量727m
最高高度261m最低高度0m

レポート概要

姫路市の大外廻りを計画してみました。自分なりにルートを作ってみましたが130km余りになり、ロードバイクなら1日でお釣りがくるのでしょうが、我がルート君では3日の行程です。

写真レポート

八家地蔵

2016/11/17 08:45:28

八家地蔵

山陽飾磨駅を出発します。駅から国道250号線に出て、東進します。


250号線から離れ、木場、福泊地区に入ります。福泊地区で海岸に出て「八家地蔵 」まで行ってみます。
¨西に小赤壁をもぞむ景勝地に安置されており、「八家地蔵」として古くから信仰を集め江戸時代に書かれた播磨名所巡覧絵図にも載せられている・・・・・¨



桶居山

2016/11/17 09:45:23

桶居山

佐土新地区に入ります。前方に桶居山が近ずいてきます。この山もあちらから、こちらから何回登ったことか、懐かしく思い出されます。



道標

2016/11/17 10:36:12

道標

県道は国道372号線と一旦合流し、途中で左へと別れていきますが、ルート君は国道を走り、小原の信号を左折します。その信号の手前に仏像型と角型の2基の道標が小さな松の木に守られるようにひっそり立っていました。何度も車で通過していますが、まったく気が付きませんでした。自転車ならではの発見です。仏像型の方は読めませんでしたが、角型はの方は ¨右ほつけ¨ と読めます。



太尾の道標

2016/11/17 11:17:06

太尾の道標

関連リンク

「小原」信号を左折し、僅か加西市を通り豊富町方面に向かいます。左にセントラルパークの観覧車を見て「金竹」の信号で¨銀の馬車道¨を北上して行きます。



溝口駅

2016/11/17 11:48:00

溝口駅

播但線 溝口駅
今日はここで切り上げます。この後、前之庄、安富町から南下の計画ですが、ちょっと無理でしょう。(路線バスでの輪行は?)



神元神社の大スギ

2016/11/26 09:21:33

神元神社の大スギ

『姫路外回り』の第2回目。寒暖を繰り返しながら、徐々に冬へと向かっている今日この頃ですが、今日は風もなく絶好のアウトドア日和。とは言っても安富ダムまでは確実に¨登り¨基調です。

前之庄で県道と別れ、明神山麓まで足を伸ばします。登山口の手前にある、吉備真備の創建とも云われている「神元(かみのもと)神社に寄ります 。
¨社の東方には目通り周囲5.6メートル、高さ42.3メートルもある杉の老樹が天空にそびえている。[市指定文化財(天然記念物)]¨




富栖の案山子

2016/11/26 10:21:48

富栖の案山子

「ようこそ富栖(とみす)へ」というバス停のような中に¨かかし¨が置いてありました。¨かかし¨で有名になった地域で、「富栖」という集落はなく昔の大きな「富栖村」だそうです。



安富ダム

2016/11/26 10:59:09

安富ダム

ルート君130mを登ってきました。待ちどおしいダムの建物が見えてホッとしました。



旧三木家

2016/11/26 12:51:40

旧三木家

県指定重要有形文化財に指定されている元大庄屋の旧三木家。写真は長屋門ですが広大な敷地です 。



邑智駅家跡

2016/11/26 13:34:40

邑智駅家跡

古代山陽道に要人のための宿場のような「駅家」があった。馬を乗り継ぐための馬も常駐されていて、この「邑智駅家」には20頭が配備されていた という。



桜ダム

2016/11/26 13:48:40

桜ダム

昭和37年に完成した「桜山貯水池」。



山田峠

2016/12/08 09:17:37

山田峠

過っては難所だっただろう「山田峠」も今では生活道路として稀に車が通って行きます。 山田峠から3kmほど太子町を通過させていただきます。



「下太田廃寺」跡

2016/12/08 09:35:43

「下太田廃寺」跡

出土した瓦から奈良時代前期の創建と比定され、県指定文化財になっている。



廃線跡

2016/12/08 10:02:13

廃線跡

JR網干駅から踏切を渡り、西に向かうと¨廃線跡¨があります。¨平成元年に全面廃線になった貨物専用路線¨



八十大橋

2016/12/08 10:26:25

八十大橋

欄干に大名行列のレリーフが施されている八十大橋を渡ります。照明の最上部の飾りは毛槍をモチーフしているらしい。



龍門寺の鐘楼

2016/12/08 10:36:37

龍門寺の鐘楼

『元禄五年の創建。上層に縁を廻した正規の袴腰付鐘楼である。現在の梵鐘は寛政元年(1789)に鋳造し直したものであるが、「一里こえて、二里ひびく」と俗謡にあり、その音色は播磨灘の舟人の心に安らぎをあたえた』とある。



網干臨海大橋から揖保川上流側

2016/12/08 10:48:55

網干臨海大橋から揖保川上流側

さらに南下、揖保川河口の網干臨海大橋を渡ります。



姫路港ターミナル

2016/12/08 11:48:19

姫路港ターミナル

姫路港。家島本島まで35分、小豆島の福田港まで1時間40分です。