播但線沿線ポタリング

ブログ埋め込み用HTMLタグ

地図の幅: px      地図の高さ: px

タグ:

播但線

プロフィールマップ

GPSログ解析

開始日時2017/04/13 10:50:53終了日時2017/04/28 14:12:03
水平距離91.08km沿面距離91.35km
経過時間363時間21分10秒移動時間8時間05分28秒
全体平均速度0.25km/h移動平均速度11.26km/h
最高速度31.86km/h昇降量合計895m
総上昇量423m総下降量472m
最高高度324m最低高度18m

レポート概要

播但線の全線開通は明治39年(1906)で100年以上も前になる。それより以前の明治9年(1878)生野から飾磨津(姫路港)に日本初ともいわれる高速馬車道(銀の馬車道)が敷かれたのがルーツかもしれない。現在は姫路から寺前間は電化されているが、寺前から和田山間は非電化区間となっている。
そんな「播但線」沿線を各駅停車しながら2回に分けて自転車旅をしてみます。

写真レポート

和田山駅

2017/04/13 10:52:00

和田山駅

姫路発8:39、寺前行きの普通列車で輪行。各駅で止まるたびにクックッとぎこちなく停車する 。寺前駅で気動車に乗り換え10:34に山陰本線との接合駅でもある和田山駅に到着。



竹田駅

2017/04/13 11:19:18

竹田駅

11:18 竹田駅着。この時期、竹田城址や立雲峡への観光客で和田山~竹田間に臨時列車がでている。何年か前だったか 車で、スイスイ行けた竹田城址も今は制限されているとか?



上岩津地区で

2017/04/13 12:31:21

上岩津地区で

案山子の大群に出合いました。¨交通安全¨や¨産廃処理場断固反対¨の幟を掲げていました。岩津地区の南端で円山川左岸の旧道に入ります。



生野町円山地区で

2017/04/13 12:44:14

生野町円山地区で

生野町円山地区に入り、国道312号を横断すると六地蔵が祀ってあります。昔の但馬街道です。この生野峠を越える苦労を今に伝えています。



生野北峠

2017/04/13 13:04:56

生野北峠

<13:05> 「生野北峠」に辿り着きました。登りはやめて下りにしようかとも思った今日の自転車旅、何とか321mの「生野北峠」まで、和田山から250m登って来ました。



寺前に向けて

2017/04/13 13:46:22

寺前に向けて

生野まで登りきった勢いにまかせて寺前まで行くことにします。今までとは逆に下っていくので楽に走れるでしょう。円山川と入れ替わった市川に沿って、だんだん渓谷風になる道を快適に走ります。が『クマ注意』の立て札があり、爽快やら気味悪いやら。



長谷-生野間で

2017/04/13 13:59:29

長谷-生野間で

長谷駅の北で市川の橋りょうを通過中の特急「はまかぜ」と偶然出合いました。因みに、この生野~長谷間は鉄道ファンにとっては絶好の撮影場所が多い区間かも知れません。




寺前駅

2017/04/13 14:28:18

寺前駅

<14:28>寺前駅着。今日はここまでとし、輪行して帰ります。
心配していた生野峠への登りも峠手前15分ほどはハーハー言いながらだったが、思ったよりハーハーの回数が少なかった。寺前までは予想通りの快適さ。この桜の時期、¨青空・山・川・桜・線路と¨これらのコラボレーションは何とも言えない贅沢な1日でした。



日吉神社

2017/04/28 09:34:49

日吉神社

<9:25>2日目、姫路行き各駅停車発車します。
10分も行かない間に右手に「日吉神社」があります。ここは播磨國風土記で面白い伝説が伝わっているのです。¨二人の神が「便」意のがまんと「赤土」を担ぐがまんをしながらここまで来たが、とうとう二神とも音を上げ、この地で用を足し 赤土を放り投げた¨ゆかりの地がこの日吉神社といわれています。神社の奥の大岩は赤土が固まったものとしめ縄が張ってある。 神から土と肥料を授かったという伝説・・・。



新野の水車

2017/04/28 09:45:37

新野の水車

さて、風土記の世界を後に新野駅に向かいます。新野は水車で有名と聴き探しますが、すぐに見つかります。綺麗な水の流れる用水路に幾重にも回っています。ギーギーと音を出しながら、水が綺麗なだけにいつまでも座っていたい気持ちになります。



大通寺のサザンカ

2017/04/28 10:40:49

大通寺のサザンカ

樹齢400年のサザンカの木が大通寺にあるというので行ってみます。甘地駅から市川を渡って約1.5kmほどの東川辺地区まで足を延ばします 。
 高さ 約10m
 幹周り約1.5m
  市川町の天然記念物に指定
サザンカとは思えない大木で、晩秋から初冬にかけて花をつけるそうです。その時期には是非再訪してみたいものです。



二宮神社のイチイガシ

2017/04/28 11:22:55

二宮神社のイチイガシ

山崎地区の二宮神社へ寄り道して行きます。大国主命の御子(建石敷命)が祭神で、そんな神様の前の土地だから一帯を神前の郡と呼ばれるようになった。これが¨神崎郡¨の由来 らしい。元は、背後の山上にあったが垂仁天皇の頃に現在の麓に遷宮されたという。一段高い所にある拝殿前はひっそり静まり返っていますが、10月の秋祭りには豪華な10数台の屋台練りが行われるそうです。
また、境内にはイチイガシ、ヤブツバキなど幼・老樹がたくさんあり、神社の森は兵庫県環境緑地保全地域に指定されている ともあります。



寺前行き

2017/04/28 11:47:07

寺前行き

福崎~溝口(清水地蔵堂付近で)



田川神社の大欅

2017/04/28 12:43:43

田川神社の大欅

田川神社の「大欅」に寄り道します。西へ暮坂峠方面へ約3.5km行きますが、自転車旅だからこその寄り道です。
幹周り    5.6m
樹高    37m
推定樹齢 550年
全国    69位
ということで、姫路市内の欅では1番の大きさらしい。



高架がはじまる

2017/04/28 13:26:38

高架がはじまる

平成20年に山陽自動車道南側から姫路駅まで高架になっています。



野里駅

2017/04/28 13:32:50

野里駅

高架に伴い、当然のことながら他の播但線各駅とはまるで違った雰囲気です。



姫路駅

2017/04/28 14:08:51

姫路駅

<14:10>姫路駅着。
向かい風の50km近い走行でしたが、播磨国風土記、巨樹といろいろ巡れた一日でした。