琵琶湖湖北ポタリング

ブログ埋め込み用HTMLタグ

地図の幅: px      地図の高さ: px

タグ:

ACTIVE LOG-接続後

プロフィールマップ

GPSログ解析

開始日時2018/06/02 08:22:33終了日時2018/06/02 14:29:27
水平距離71.23km沿面距離71.32km
経過時間6時間06分54秒移動時間5時間59分00秒
全体平均速度11.66km/h移動平均速度11.92km/h
最高速度3122.96km/h昇降量合計504m
総上昇量252m総下降量252m
最高高度154m最低高度83m

写真レポート

長浜城より

2018/06/02 08:27:35

長浜城より

湖東に続いて長浜城から出発します。



姉川大橋

2018/06/02 08:46:29

姉川大橋

過っての姉川の古戦場は10kmほど上流です。



片山トンネル入口

2018/06/02 09:20:35

片山トンネル入口

はじめてのトンネルです。「右側歩道へ」の表示あります。トンネルまで行くと、なるほど左側はほとんど歩道が無く、自転車では無理です。



賤ヶ岳トンネルへ

2018/06/02 09:38:39

賤ヶ岳トンネルへ

片山トンネルを出て8号線までは僅かに上っているのか意外に長く感じました。この後、つるやパンまで足を伸ばし人気のサラダパンを買いに行きます。



賤ヶ岳トンネル

2018/06/02 10:11:22

賤ヶ岳トンネル

8号線のトンネルが自転車には危険なためこちらの旧道が自転車ルートになっているようです。手前は急坂ですが、なんとか登れました。



湖北部の絶景

2018/06/02 10:16:10

湖北部の絶景

賤ヶ岳トンネルを出て、下り途中からの絶景です。



琵琶湖最北部

2018/06/02 10:33:51

琵琶湖最北部

冷たい水が静かに波寄せていました。



岩熊トンネルへ

2018/06/02 10:53:26

岩熊トンネルへ

303号線に出るのに岩熊集落を通ることにしたが、これが間違いで最後の100mほどはとうとう押して歩くことになってしまった。



菅浦地区へ

2018/06/02 11:40:45

菅浦地区へ

時間にも余裕があったので菅浦地区へ寄り道して行きます。ビワイチのルートではないので全て車道を走ります。若干の高低はあるものの、ほとんど平坦路です。



菅浦の四足門

2018/06/02 11:54:15

菅浦の四足門

『四足門は集落の東西に建っていて集落の領域と外界を区切る』



菅浦地区の東部遠景

2018/06/02 11:57:45

菅浦地区の東部遠景

50年ほど前までは道路が無く、舟が唯一の交通手段だったとされています。昔は集落が自治組織をもちそのため、「四足門」と呼ばれる門のがあり検閲をした らしい。国の重要文化的景観に選定されています。



桜の古木

2018/06/02 13:15:41

桜の古木

大浦からマキノ間は10km弱ですが交通量も少なく、常に琵琶湖とともに快適な走りでした。



野生サルに遭遇

2018/06/02 13:31:17

野生サルに遭遇

野生サルが道を横切り、山側のフェンスへ。熊でなくてよかった。



海津の石積み

2018/06/02 13:43:27

海津の石積み

江戸時代の中期に大波から家屋の被害防止のために造られた らしい。



メタセコイヤの並木

2018/06/02 14:13:15

メタセコイヤの並木

1時間弱ですが余裕があったので「メタセコイヤ並木」まで行って見ることにしました。2km余りも続いているらしいが、あまり余裕もないので入口だけにしました。今は新緑のメタセコイヤで秋には紅葉は冬には雪化粧が楽しめる とのことです。