ワサビ沢左岸尾根を下る

ブログ埋め込み用HTMLタグ

地図の高さ: px     地図の幅は自動調整されます(固定幅にするにはwidthをピクセルで指定)

タグ:

ACTIVE LOG074700

プロフィールマップ

GPSログ解析

開始日時2014/06/27 07:46:52終了日時2014/06/27 11:18:51
水平距離3.54km沿面距離3.76km
経過時間3時間31分59秒移動時間2時間14分14秒
全体平均速度1.06km/h移動平均速度1.68km/h
最高速度32.41km/h昇降量合計769m
総上昇量60m総下降量709m
最高高度1801m最低高度1071m

写真レポート

画像1

2014/06/27 07:55:51

画像1

ストーブも備わり、快適な一夜を過ごした樺小屋。
せせらぎが聞こえないのは、ちょっと寂しいが、
車を後に、登山道で3時間程か、
入川と滝川を分ける尾根の散歩、
足慣らしには、丁度いいかも。



画像2

2014/06/27 08:03:30

画像2

古い標識、味が有っていいですね~~ 痺れます。
雁坂峠は、日本三大峠の一つとか、
渓と渓を繋ぐ旅で一度は越して見たいですね。



画像3

2014/06/27 08:35:09

画像3

3200mの起点が何処かわ解りませんが、
この地点から、ワサビ沢左岸尾根への一歩を踏み出しました。
写真の右手が入川側、左手が滝川側です。
写真の先は樺小屋方面です。



画像4

2014/06/27 09:18:56

画像4

行く手を阻む笹の威力は写真では伝わりませんが、
うんざりした30分の格闘でした。
ま、傾斜が緩かっただけが救いでした。



画像5

2014/06/27 09:50:28

画像5

緑が目に眩しい中、下降が続きます。
目印は一つも有りませんでした。
名も無い尾根を下る好き物は居ないと言う事でしょうか。
落ち葉が積もりふかふかとしており、心地よい所で、
足は自然と遅く成ります。



画像6

2014/06/27 10:10:30

画像6

写真は残地されたワイヤーロープですが、
この他に機械の一部や一升瓶が散乱しておりました。
静寂の中に、杣人の掛け声が聞こえてくる錯覚を覚える所でした。




画像7

2014/06/27 11:03:53

画像7

ミスコースで下降した沢の終点です。
この先の流れは、暗渠の中へ吸い込まれて行きます。
ロープは張って有り入れないように成っておりますが、
片隅には山肌からの湧水が有り、ベンチも有ります。
許可を取って車を乗り入れ、遡行を解きました。



画像8

2014/06/27 11:06:06

画像8

出発点であり、フィナーレでも有る「出会いの丘」です。
二階はワサビ沢の資料館、
一回は休憩所に成っており、ワサビ沢から水も引かれております。
日中に限ってですが、室内で着替えや持ち込みの食事も可能です。
雨の日などは有り難い施設ですね。