中山道旅3 2013/9/10~11

ブログ埋め込み用HTMLタグ

地図の高さ: px     地図の幅は自動調整されます(固定幅にするにはwidthをピクセルで指定)

タグ:

彦根→京都

プロフィールマップ

GPSログ解析

開始日時2013/09/10 10:17:05終了日時2013/09/10 18:30:00
水平距離85.74km沿面距離85.81km
経過時間8時間12分55秒移動時間4時間45分02秒
全体平均速度10.44km/h移動平均速度18.06km/h
最高速度117.87km/h昇降量合計902m
総上昇量441m総下降量461m
最高高度194m最低高度35m

京都観光

プロフィールマップ

GPSログ解析

開始日時2013/09/11 09:42:23終了日時2013/09/11 13:01:51
水平距離28.58km沿面距離28.63km
経過時間3時間19分28秒移動時間3時間11分00秒
全体平均速度8.61km/h移動平均速度8.99km/h
最高速度47.50km/h昇降量合計479m
総上昇量218m総下降量261m
最高高度131m最低高度28m

写真レポート

画像133

2013/09/10 10:43:31

画像133

けいおんの舞台 豊郷小学校旧校舎群の校舎案内図である。
部室が会議室であるらしい。またお茶会では唱歌室である。



2013/09/10 10:43:31

画像11

去年もやった廊下の雑巾がけ。
行きは26"56、帰りは30"33。
この廊下は滑るが木くずの良く出る。ぞうきん掛けするには危険な廊下である。
それと旅の疲れでスピードがあまり出せず去年より5~10秒遅いタイムとなってしまった。



画像134

2013/09/10 10:43:31

画像134

学校の1F南側にあった自動販売機



画像142

2013/09/10 10:43:31

画像142

3Fにある黒板。
2学期と書いてあるが確かに9月は授業が始まっているのですね。
なのにこっちは夏休み。自分が羨ましい。



画像139

2013/09/10 10:43:31

画像139

1F南側。
校舎の一部は「子育て支援センター」として利用されていた。



豊郷小学校旧校舎群

2013/09/10 10:43:31

豊郷小学校旧校舎群

けいおんの舞台豊郷小学校旧校舎群である。




画像140

2013/09/10 10:43:31

画像140

旧校舎から見た新校舎である。
元気に子供たちが走り回っているのが見える。



中山道iPodTouch(44)

2013/09/10 12:29:20

中山道iPodTouch(44)



画像155

2013/09/10 12:29:27

画像155

身長158~159であるが、こうやって並ぶと身長の低さが分かる。



画像150

2013/09/10 12:29:27

画像150



画像147

2013/09/10 12:29:27

画像147

けいおんに登場するキャラクターのシューズである。
サイズを見ると21.5~25.0であった。



画像149

2013/09/10 12:29:27

画像149

講堂である。
去年は見逃していたが今年は地元の行事で使用されていて入ることができなかった。
また来る機会が増えた。



中山道iPodTouch(45)

2013/09/10 12:45:29

中山道iPodTouch(45)



画像162

2013/09/10 12:46:46

画像162



中山道iPodTouch(47)

2013/09/10 12:48:52

中山道iPodTouch(47)



中山道iPodTouch(48)

2013/09/10 12:49:57

中山道iPodTouch(48)



中山道iPodTouch(49)

2013/09/10 12:51:10

中山道iPodTouch(49)



中山道iPodTouch(50)

2013/09/10 12:51:30

中山道iPodTouch(50)



中山道iPodTouch(53)

2013/09/10 12:58:25

中山道iPodTouch(53)



中山道iPodTouch(68)

2013/09/10 13:24:12

中山道iPodTouch(68)




画像163

2013/09/10 13:41:01

画像163

本日の昼食「玉屋」
うどんが有名らしく頼もうとしたが、売り切れ。
肉丼を頼みとてもおいしかった。



中山道iPodTouch(69)

2013/09/10 14:00:15

中山道iPodTouch(69)



中山道iPodTouch(71)

2013/09/10 14:04:48

中山道iPodTouch(71)



画像174

2013/09/10 14:10:20

画像174

講堂の中である。
最後にもう一回訪れたのだがまだイベントをやっていたので残念ながら入ることができなかった。
仕方がなくここから見た行動の一部をみてここを後にした。



中山道iPodTouch(75)

2013/09/10 14:15:15

中山道iPodTouch(75)



画像175

2013/09/10 14:18:06

画像175

文房具屋さん「大村文具」である。



画像177

2013/09/10 14:22:06

画像177

大村文具にあった募金箱。
震災の支援ありがとう。



中山道iPodTouch(78)

2013/09/10 14:25:37

中山道iPodTouch(78)



中山道iPodTouch(79)

2013/09/10 14:26:38

中山道iPodTouch(79)



ENEOS

2013/09/10 14:29:47

ENEOS

けいおんが目立つエネオス「宮川石油」。
標高100mときりが良い。



中山道iPodTouch(84)

2013/09/10 14:31:00

中山道iPodTouch(84)



2013/09/10 14:42:53

画像13

宮川石油の流れる電光掲示板に流れた映像。
石油についての宣伝はしていない!けいおんについての宣伝をしていて面白かった。



画像192

2013/09/10 14:50:24

画像192

私はこの姿で走行した。
ある意味「公開処刑」である。



中山道iPodTouch(85)

2013/09/10 15:08:18

中山道iPodTouch(85)



画像195

2013/09/10 15:52:11

画像195

中山道を走行中に通った看板である。
どうやらここから川の方向に向かった先が中山道らしくさすがに自転車では川を渡れない。
少し道を外れてしまうがすぐ戻ってくるだろうと思ったがこれが大きく道を外れてしまう。



琵琶湖(南)

2013/09/10 16:57:52

琵琶湖(南)

東海道から見た琵琶湖の様子。
橋が目立ち琵琶湖が一望できないと少し落ち込む。



琵琶湖文化会館

2013/09/10 17:19:49

琵琶湖文化会館

東海道を少し外れた所にあった城。



画像199

2013/09/10 17:20:48

画像199

城の隣にある琵琶湖。



画像201

2013/09/10 17:23:17

画像201



琵琶湖1

2013/09/10 17:23:17

琵琶湖1

琵琶湖の風景1



琵琶湖2

2013/09/10 17:23:17

琵琶湖2

琵琶湖の風景2



琵琶湖5

2013/09/10 17:23:44

琵琶湖5

琵琶湖の風景5



琵琶湖4

2013/09/10 17:23:44

琵琶湖4

琵琶湖の風景4



琵琶湖3

2013/09/10 17:23:44

琵琶湖3

琵琶湖の風景3



中山道iPodTouch(95)

2013/09/10 18:06:33

中山道iPodTouch(95)

中山道・東海道のゴール地点。
これで目標達成!



三条大橋

2013/09/10 18:07:22

三条大橋

東海道・中山道のゴールである三条大橋。
結構人が多い。



2013/09/10 18:42:18

清水ユースホステル

9/10の宿
清水ユースホステル

初対面の女子と一緒に銭湯やごはんを食べに行く類を見ない体験だった。



清水寺

2013/09/11 08:35:35

清水寺

清水寺と京都市内の景色
標高は推定140m
晴れていてとても景色が良かった。



画像236

2013/09/11 12:02:23

画像236

けいおん15話「マラソン大会」のワンシーン



画像239

2013/09/11 12:08:13

画像239

けいおん15話「マラソン大会」のワンシーン



画像241

2013/09/11 12:10:06

画像241

けいおん15話「マラソン大会」のワンシーン
実際自転車で漕いで登ってみたらなんとかのぼり切ったのだが一番軽くしないと無理だった。
そのぐらいきつい急こう配である。
標識には25%とかかれている。



2013/09/11 12:16:48

画像16

実際25%の坂を走って登ってみた。
息が上がるほどとてもつらく53”97もかかっている。
それだけ辛い坂であった。