2012/10/15 清明ノ尾から大峯奥駈道と行者還岳

ブログ埋め込み用HTMLタグ

地図の幅: px      地図の高さ: px

タグ:

登山口~清明ノ尾~奥駈道出合~天川辻~行者還岳

プロフィールマップ

GPSログ解析

開始日時2012/10/15 09:10:50終了日時2012/10/15 14:55:02
水平距離6.82km沿面距離7.13km
経過時間5時間44分12秒移動時間4時間06分44秒
全体平均速度1.24km/h移動平均速度1.73km/h
最高速度10.16km/h昇降量合計1185m
総上昇量593m総下降量592m
最高高度1552m最低高度1064m

写真レポート

90番登山口

2012/10/15 09:13:03

90番登山口

正式な名称ではないが、R309の90番キロポストが目印。
付近に3台ほど駐車可能なスペースがある。



鉄梯子

2012/10/15 09:15:21

鉄梯子

90番登山口からこの鉄梯子を登って取り付く。



巨木

2012/10/15 09:40:21

巨木

幹が大きく二つに分かれた大木に出会う。
これを見ると清明ノ尾は近い。



清明ノ尾

2012/10/15 09:46:21

清明ノ尾

急登が終わると清明ノ尾と呼ばれる尾根に出る。
なぜか廃車のトラックがあるのでびっくりするだろう。かつては林道が通っていたらしい。
ここから大普賢岳の眺めが素晴らしい。



尾根道

2012/10/15 10:14:45

尾根道

廃トラックの広場から大峯奥駈道までは尾根筋の比較的ゆるやかな登り。
最初は林道跡のダブルトラックで、その後ミヤコザサの茂る細い道となる。
細いながらも踏跡はしっかりしているので問題はない。



奥駈道出合

2012/10/15 10:21:25

奥駈道出合

ここで大峯奥駈道の主稜に合流する。この標識が目印。
下りはこの標識を覚えておかないとわかりづらい。



大峯奥駆道

2012/10/15 10:31:30

大峯奥駆道

奥駆道はよく整備されていて歩きやすい。
一部岩のゴロゴロした箇所があるが、概ねこんな感じ。



道標

2012/10/15 10:35:53

道標

支稜へ迷い込みそうな場所に道標が立っている。
普通は大丈夫だと思うが、ガスに巻かれたときなどは注意。



天川辻

2012/10/15 11:01:01

天川辻

天川側の小坪谷から登ってくる道とここで合流する。
お地蔵様が祭られている。



行者還ノ宿

2012/10/15 11:05:09

行者還ノ宿

行者還岳直下にある無人の避難小屋。
立派なログハウスで、毛布まで備え付けられている。トイレあり。



梯子

2012/10/15 11:22:54

梯子

行者還岳山頂へはいったん奥駈道を北側へ回り込んでから戻る形になる。
このあたり木の梯子が連続し、気の抜けない区間である。



道標

2012/10/15 11:28:53

道標

ここで奥駈道と分かれ、南側へ折り返す。
道標には山頂まで0.1kmと書いてあるが、絶対ウソ。



行者還岳

2012/10/15 11:39:56

行者還岳

山頂には錫杖が立っている。標高1546m。
ここからの展望はまったくない。



弥山方面の展望

2012/10/15 11:45:06

弥山方面の展望

山頂から少し南側の崖へ行くと、弥山や仏生ヶ岳方面の展望が開ける。
断崖になっているので、下を見ると恐ろしい。