大塚国際美術館

ブログ埋め込み用HTMLタグ

地図の幅: px      地図の高さ: px

タグ:

NEWTRACK001

プロフィールマップ

GPSログ解析

開始日時2016/11/03 03:00:00終了日時2016/11/03 22:00:00
水平距離359.25km沿面距離363.84km
経過時間19時間00分00秒移動時間19時間00分00秒
全体平均速度19.15km/h移動平均速度19.15km/h
最高速度36.47km/h昇降量合計6290m
総上昇量3189m総下降量3101m
最高高度399m最低高度-187m

写真レポート

大塚国際美術館玄関

2016/11/03 11:53:01

大塚国際美術館玄関

今日は長岡京市の大学時代の友人K君と大塚美術館に京都から京都新聞のリビングのツアーバスに乗って3時間かけて来た。陶板で作ったとは思われないくらい良くできた絵画(フランスのルーブル美術館やオルセー美術館にある有名な絵画)のイミテーションです。100枚以上写真jに撮ったが2/3移乗割愛し厳選したものを載せました。



笛を吹く少年

2016/11/03 12:14:07

笛を吹く少年

「笛を吹く少年」(1866年)
エドワール・マネ【Edouard Manet】(1832-1883)
油彩 160 x 98 cm;オルセー美術館蔵
緊張気味にポーズをとり、笛を吹く少年は、友人であった軍の高官が連れて来た、近衛軍鼓笛隊員ですが、一説によると顔の部分だけ、マネの息子のレオンであると言われています。そう言われてみると、大きな瞳を見開いた、あどけなさを残す表情が実に丁寧に、生き生きと描かれているように思われます。
この作品はジャポニスムの影響を受けているという点でも有名でございます。遠近感を廃し、人物の動きを効果的ながら最小限にとどめ、コントラストの強い色を平面的に用いている様は浮世絵の技法を感じさせます。また、無地の背景に大胆な人物像という手法は、17世紀スペインの画家ベラスケスの手法と相通じるものがございます。マネは、同じテーマを繰



モデルの肖像

2016/11/03 12:14:43

モデルの肖像

ルノワール【モデルの肖像】
19世紀の印象派の代表画家として有名なルノアール。ルノアール特有の透き通るように、そして流れるように絵を描くそのタッチで、少女の肖像画を描くことを得意とした。この作品はそのうちのひとつ。



セーヌ川の舟遊び

2016/11/03 12:15:31

セーヌ川の舟遊び

「セーヌ川の舟遊び」
ルノワール、オーギュスト。 1879-80年。 71×92cm。ナショナル・ギャラリー、ロンドン、イギリス
暖かい太陽の陽射しに包まれた川辺の風景。絵画の舞台は、パリ近郊セーヌ河畔の町、アニエール、中央には舟遊びを楽しむ二人の女性の姿が爽やかに描かれており、水面には人物やヨットの帆、建物等の白が映り込み、渡る風がそれらを小さくゆらし、明るく輝く画面をつくり上げています。
上部には、鉄橋に近づいて来る蒸気機関車の姿も見えています。
19世紀半ば、パリ中心部からの鉄道が開通したことで、パリに住む人々は気軽に郊外の行楽地に出かけることができるようになりました。
ルノワールはもちろん、他の画家達も又、画題を求めて足を伸ばし、自然豊かな田園や水辺の風景を数多く描きました。






落穂拾い

2016/11/03 12:22:22

落穂拾い

ジャン=フランソワ・ミレー
『落穂拾い』は、1857年にフランスの画家ジャン=フランソワ・ミレーによって描かれた油彩作品。ニコラ・プッサンにも同様の絵画があるように「落穂拾い」は農村の貧しい人々の姿を描いただけでなく、『旧約聖書』の「ルツ記」に基づいた作品である。



ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会

2016/11/03 12:23:40

ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会

ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会。
ルノワールが35歳のときに描いた絵画作品。
1877年の第3回印象派展に出品された作品です。
題名のムーラン・ド・ラ・ギャレットは、パリのモンマルトルにあるダンスホールの名。
画中の人物たちは、彼の友人たちがモデルになっています。 当時、ルノワールはこのダンスホールの近くに住んでおり、アトリエから通いながら制作してました



ラ・ジャポネーズ

2016/11/03 12:24:18

ラ・ジャポネーズ

ラ・ジャポネーズ (La japonaise) 1875-1876年
231×142cm | 油彩・画布 | ボストン美術館
巨匠クロード・モネの日本趣味(ジャポネズリー)的要素や日本主義(ジャポニズム※注:本来はジャポニスムと呼称する)的要素が最も顕著に示された代表的作例『ラ・ジャポネーズ』。本作は背後や床面に様々な団扇を配し、手に扇を持ち鮮やかな朱色の日本の着物を着た画家の妻カミーユ・ドンシューの姿を描いた作品で、1876年に開催された第2回印象派展に出品され、2000フランもの高額で売却された。



カーネーション・リリー・リリー・ローズ

2016/11/03 12:25:00

カーネーション・リリー・リリー・ローズ

ジョン・シンガー・サージェントの「カーネーション、リリー、リリー、ローズ」は、少女の可愛さや可憐さ、清らかさがとてもよく伝わってくる絵画だと大塚国際美術館で見た時に感じました。夕暮れ時の静かな雰囲気、美しい花、そして提灯のような明かりを持つ白い服の少女といった美しさが何重にも重なった傑作です。
ジョン・シンガー・サージェントは、1856年にアメリカ人医師の子どもとしてイタリアで生まれたアメリカ人画家です。18歳の時にパリに出て、芸術の勉強を積み、1877年からパリのサロンに出品をするようになります。ですが、その時に描いた「マダムX」が官能的すぎると非難され、彼はパリを離れざるを得なくなってしまいます。ロンドンに移動した彼は、そこから画家としての地位を築く事になります。
「この絵画に何故日本の提灯が?」。当時のロンドンのリバティ百貨店では、日本から多くの提灯と百合の球根を



イア・オラナ・マリア(アヴェ・マリア、マリア礼賛)

2016/11/03 12:25:47

イア・オラナ・マリア(アヴェ・マリア、マリア礼賛)

イア・オラナ・マリア(アヴェ・マリア、マリア礼賛)
(Ia orana Maria) 1891年
114×89cm | 油彩・画布 | メトロポリタン美術館。
フランス総合主義の創始者ポール・ゴーギャン第一次タヒチ滞在期の代表作『イア・オラナ・マリア(アヴェ・マリア、マリア礼賛)』。1891年4月から1893年の6月まで都市パペエテを中心とした南国タヒチに滞在した時期(第一次タヒチ滞在期)に制作された本作は、タヒチを形成する小さな島のひとつにある村≪マタイエア≫の人々を描いた



ゴッホの自画像

2016/11/03 12:26:46

ゴッホの自画像

フィンセント・ファン・ゴッホ
自画像



ひまわり

2016/11/03 12:27:41

ひまわり

フィンセント・ファン・ゴッホの作品の陶板画は全部で9点、、来館者の注目が最も高いのが、ヒマワリ、人だかりが絶えませんでした。
ゴッホ美術館所蔵(アムステルダム、オランダ)。
黄色い背景にヒマワリが15本、、一番よく見かける作品です。
ゴッホの制作した「花瓶に挿された向日葵をモチーフとした油彩の絵画」という定義であれば7点が制作されたことが広く認められており、このうち6点が現存している。



医師ガシェ博士の肖像

2016/11/03 12:28:03

医師ガシェ博士の肖像

『医師ガシェの肖像』は、1890年6月、死の1か月余り前にフィンセント・ファン・ゴッホによって描かれた絵画。油彩。同名の作品は本項で述べる油彩画2点とエッチング(ナショナル・ギャラリー、ワシントンD.C.)1点がある。「ガシェ博士の肖像」と表記されることもある。



種まく人

2016/11/03 12:28:16

種まく人

ミレーは『種まく人』の絵を2枚描いた。2枚の『種まく人』のうち1枚はボストン美術館にあり、もう1枚は山梨県甲府市の山梨県立美術館に所蔵されている。
出典ジャン=フランソワ・ミレー - Wikipedia
山梨の絵は絵具が厚塗りで筆使いが荒々しく、ボストンのは輪郭線がはっきりしている。
ゴッホもミレーに影響されて種蒔く人を描いている。



オーヴェールの教会

2016/11/03 12:28:34

オーヴェールの教会

ゴッホの《オーヴェールの教会》は、オーヴェール=シュル=オワーズは村ではなく人口数千人の風格のある町であり、この教会はその中心部の丘の上に立つりっぱなゴシック教会である。。しかも教会のまわりを数軒の石造りの民家が取り囲んでいる。



ひまわり(戦災で日本で焼失)

2016/11/03 12:29:57

ひまわり(戦災で日本で焼失)

ゴッホの制作した「花瓶に挿された向日葵をモチーフとした油彩の絵画」という定義であれば7点が制作されたことが広く認められており、このうち6点が現存している。
そしてもう一つ、幻のヒマワリ、2番目の作品とされる。
他の6点とは明らかに背景が異なる。日本の芦屋にあったが、1945年終戦直前に戦火で焼失したものを、大塚美術館が陶板画で再生した、幻のヒマワリ。
ちょっと長くなるがウィキペディアより抜粋、。
1920年に日本の実業家山本顧彌太がスイスから購入した。 白樺派美術館の設立を考えていた武者小路実篤の依頼によるとされる。
当時の金額で7万フラン(2万円)であったという。 1921年の東京での展覧会は京橋の星製薬ビルで行われている。1920年前後の星製薬ビルは多くの芸術展覧会が開かれており、当時の公開においても「ゴッホのひまわり」が評判の作品



ナポレオン一世の戴冠式と皇妃ジョゼフィーヌの戴冠

2016/11/03 12:34:39

ナポレオン一世の戴冠式と皇妃ジョゼフィーヌの戴冠

ナポレオン一世の戴冠式と皇妃ジョゼフィーヌの戴冠
ジャック=ルイ・ダヴィッド 1805?07 (1808年公開) 寸法 6.21 m × 9.79 m (20 ft 4 in × 32 ft 1 in)
収蔵場所 フランス, パリ, ルーヴル美術館



最後の晩餐(修復前)

2016/11/03 12:40:27

最後の晩餐(修復前)

レオナルド・ダ・ヴィンチ
最後の晩餐(修復前)
「このなかにわたしを裏切る者がいる」というイエスのことばをきいて、 12人の使徒はさまざまな驚き方、悲しみ方をしている。
そのなかでイエスは静かな山のようにピラミッド型に描かれ、 画面の奥行きの中心つまり遠近法の消失点は天と地の交わる地平線上にうかびあがるイエスの頭に消えている。イエスの向かって左には聖ヨハネ、ペテロ、ユダが やはりピラミッドを作っているが、光りを受けた二人の使徒とは対照的に、ユダの横顔だけが影になり、彼が信仰に背いた者であることを示している。



最後の晩餐(修復後)

2016/11/03 12:42:47

最後の晩餐(修復後)

レオナルド・ダ・ヴィンチ
最後の晩餐(修復後)
最後の晩餐はレオナルドが生きていた頃からすでにその破損が始まっていた。
実験家であるレオナルドが伝統的なフレスコ技法(漆喰壁がかわかないうちに
水性顔料で描く)を嫌って、テンペラ(顔料に亜麻油や卵をまぜたもの)で描いたため、
台所の裏側の壁で湿気が高かったため、最後は1943年の連合軍による空爆のため無惨な状態になっていた。
また18世紀からくり返し描き加えの筆が入って
オリジナルの画像を変形させていた。



モナ・リザ

2016/11/03 12:55:31

モナ・リザ

モナ・リザ
『モナ・リザ』は、イタリアの美術家レオナルド・ダ・ヴィンチが描いた油彩画。上半身のみが描かれた女性の肖像画で、「世界でもっとも知られた、もっとも見られた、もっとも書かれた、もっとも歌われた、もっともパロディ作品が作られた美術作品」といわれている。 作者: レオナルド・ダ・ヴィンチ
寸法: 77 cm x 53 cm
展示場所: ルーヴル美術館 (1797年から)



ヴィーナスの誕生

2016/11/03 13:03:31

ヴィーナスの誕生

ヴィーナスの誕生:イタリアの画家サンドロ・ボッティチェッリリ
製作年:1483年頃
寸法:172.5 cm × 278.5 cm (67.9 in × 109.6 in)
所蔵:ウフィッツィ美術館、フィレンツェ



大きな浴女

2016/11/03 13:18:21

大きな浴女

大きな浴女
パブロ・ピカソ
オランジュリー美術館、パリ(フランス)



窓辺に座る女

2016/11/03 13:21:24

窓辺に座る女

パブロ・ピカソ「窓辺に座る女」ピカソ美術館、パリ(フランス)1937年



遊びぶクロードとパロマ

2016/11/03 13:22:33

遊びぶクロードとパロマ

ピカソ
クロードとパロマが二人で遊んでいるところ、またはそれにフランソワーズが加わって母子三人で遊んでいるところを好んで描いた。この「遊び(Les jeux)」と題した作品は、クロードとパロマが遊んでいる絵の中で最も初期のものだ。
左手のパロマは、まだ一歳になるかならぬかの時期で、ハイハイができる程度だ。床にはいつくばってハイハイしながらも、おもちゃに夢中になって掴みかかっている。一方右手のクロードの方は、すでに三歳になっているとあって、お兄ちゃんらしい落ち着きが感じられる。
見てわかるとおり、この絵は大人が子どもを見下ろす上から目線ではなく、子どもと同じ目線から描いている。したがって、おもちゃにも大きな存在感があるし、床の模様も生き生きとしているように見える。



裸婦とパイプの男

2016/11/03 13:23:06

裸婦とパイプの男

裸婦とパイプの男
パブロ・ピカソ



自画像

2016/11/03 13:23:40

自画像

自画像
パブロ・ピカソ



団扇を持つ少女

2016/11/03 13:48:23

団扇を持つ少女

ピエール=オーギュスト・ルノワールの「団扇を持つ少女」
実際の作品の鮮やかな色彩に、小さい作品ながら、色彩の鮮やかさが多くの人を魅了する作品である。このモデルとなった人物は、コメディー=フランセーズの人気女優であったジャンヌ・サマリー。当時流行していた英国風タータンチェックの旅行着を着ている姿や、手に持たれた日本の団扇など、当時の流行を取り入れた作品といえる。1878年のパリ万国博覧会の開催によって、ジャポニスム(日本趣味)が大流行していた時期でもあり、団扇のほか、当時の流行の花でもあった日本の菊を思わせる花々が描かれている



田舎のダンス

2016/11/03 13:51:59

田舎のダンス

田舎のダンス (La dance a la campagne) 1883年
180×90cm | 油彩・画布 | オルセー美術館(パリ)
印象派の中でも特に名が知られた大画家ルノワールが、光の効果を重んじ形状の正確性を失った純粋な印象主義に疑問を抱き始め、古典主義へと傾倒していった1880年代に制作された代表作≪ダンス三部作≫の一枚『田舎のダンス』。『都会のダンス』同様に画商デュラン=リュエルの家の装飾用に制作された本作は、画家の友人であったポール・ロートと、しばしば画家のモデルとなり、後に妻ともなるアリーヌ・シャリゴ(当時24歳)をモデルに描かれた作品で、単純かつ洗練された構成、画面の中で溶け合うかのような人物と背景の一体感、明確な人物の形態、やや装飾的な表現など、光の効果的な表現や曖昧な輪郭、複雑な空間構成等が特徴であった印象主義時代とは明らかに異なる表現手法によっ



睡蓮・緑のハーモニー

2016/11/03 13:55:21

睡蓮・緑のハーモニー

睡蓮・緑のハーモニー
1899年作 油彩 89×94cm
所蔵:オルセー美術館/バリ
モネ・クロードは1897年から死ぬまでジヴェルニーの自宅に暮し、庭に池を造って睡蓮を咲かせ、それをテーマに数多くの作品を残しました。睡蓮の花を描いたものから水にうつる木々の反映やたれさがる藤の花など四季折々の庭の様子をとらえています。また日本風の橋を作り柳を植えて日本と浮世絵への憧憬が見られます。オランジュリ一美術館やマルモッタン美術館にもモネの睡蓮がありますがオルセーにもこの絵と似た溝図の(睡蓮・ばら色のハーモニー)があります。



民衆を導く自由の女神

2016/11/03 14:01:43

民衆を導く自由の女神

民衆を導く自由の女神 Liberty Leading the People
1830
ドラクロア・ウジェーヌはこの絵を描くことで、1830年の7月革命に応えた。
シャルル10世(1824-30)の絶対主義に抵抗した民衆は、民主主義の改革を推し進めた。その結果、ルイ・フリップスが王に選ばれた。しかし、彼の権力は制限されたものであった。フランスは、ブルジョア君主制となった。
ドラクロアは、将官であった弟に手紙を書いた。 「私は祖国のために、戦かって、勝利を得たわけではない。しかし、すくなくとも、支持の表明として、絵を描くことができる」
自由の女神の左側、シルクハットをかぶっている男が、ドラクロア自身である。右のピストルを手に持つ少年は、おそらく、ユゴーの『レ・ミゼラブル』のなかに出てくる浮浪児ガブロッシュではないか。
ルイ・フィ



泉

2016/11/03 14:04:02

『泉』(フランス語: La Source)は、 フランスの新古典主義の画家ドミニク・アングルが1820年から1856年にかけて描いた絵画。 アングルはフィレンツェ時代の1820年頃にこの作品の制作を開始したが、1856年パリの時点で未完であった。 アングルが『泉』を完成させたのは彼が76歳の時で、すでにその名声は知れ渡っており、エコール・デ・ボザールの学長を務めていた。 壺を持った女性像のイメージはジャン・グージョンによるイノサン噴水のレリーフ彫刻、あるいはシュリー館のレリーフ彫刻に由来すると考えられている。裸婦像のポーズはアングルの別作品『ヴィーナスの誕生』(1848年)や、『クニドスのアプロディーテー』(別名『恥じらいのヴィーナス』)としばしば比較される。 アングルの2人の弟子、画家のポール・バルズとアレクサンドル・デゴッフが、背景と水壺を描くのを手伝った。



テュルプ博士の解剖学講義

2016/11/03 14:13:32

テュルプ博士の解剖学講義

『テュルプ博士の解剖学講義』は、レンブラント・ファン・レインによる1632年の油彩。オランダのデン・ハーグにあるマウリッツハイス美術館の所蔵である。 描かれているのは、ニコラス・テュルプ博士が腕の筋肉組織を医学の専門家に説明している場面である。



真珠の耳飾りの少女

2016/11/03 14:31:10

真珠の耳飾りの少女

『真珠の耳飾りの少女』は、オランダの画家 ヨハネス・フェルメールの絵画であり、彼の代表作の一つ。『青いターバンの少女』・『ターバンを巻いた少女』とも呼ばれ、オランダのデン・ハーグのマウリッツハイス美術館が所蔵する。作者: ヨハネス・フェルメール
寸法: 44 cm x 39 cm
完成: 1665年
展示場所: マウリッツハイス美術館
種類: 油絵具
時代・様式: バロック、 オランダ黄金時代