渋峠 毛無峠 王ヶ鼻 美ヶ原  輪行

ブログ埋め込み用HTMLタグ

地図の高さ: px     地図の幅は自動調整されます(固定幅にするにはwidthをピクセルで指定)

タグ:

渋峠 毛無峠

プロフィールマップ

GPSログ解析

開始日時2019/06/01 04:14:19終了日時2019/06/01 11:03:07
水平距離85.33km沿面距離85.58km
経過時間6時間48分48秒移動時間5時間05分20秒
全体平均速度12.56km/h移動平均速度16.76km/h
最高速度86.91km/h昇降量合計4274m
総上昇量2026m総下降量2248m
最高高度2172m最低高度372m

王ヶ鼻 美ヶ原

プロフィールマップ

GPSログ解析

開始日時2019/06/01 13:17:50終了日時2019/06/01 19:20:08
水平距離77.08km沿面距離77.29km
経過時間6時間02分18秒移動時間5時間00分37秒
全体平均速度12.80km/h移動平均速度15.38km/h
最高速度261.80km/h昇降量合計3584m
総上昇量1885m総下降量1699m
最高高度1982m最低高度552m

写真レポート

湯田中温泉 ホテル水明館出発

2019/06/01 04:15:44

湯田中温泉 ホテル水明館出発

前日の5月31日(金)、人間ドックを終えて、掛川13:34発 東京行き こだま652号に缶ビールと冷酒、輪行バッグに詰めたGT GRADE CARBONと共に乗り込んだ。
品川を過ぎてから寝てしまったようで、車掌さんに起こされて辺りを見回すと、誰一人いない(^_^;)
大急ぎで北陸新幹線のホームに移動した。
なんとか、東京15:24発 はくたか569号に乗り込めた。
北陸新幹線は2度目の利用だが、トイレや洗面などはは東海道新幹線よりもラグジュアリーだ。
長野駅からは長野電鉄に乗り換えて、信州中野駅に降り立って、そこで自転車を組み立てて、湯田中温泉まで走った。
湯田中温泉はホテル水明館に宿を取ってある。ディナーバイキング付きだ。しかし、バイキングは20:00までらしい。ホテルに投宿したのが、19:05。 速攻で生ビール4杯と日本酒1杯、つまみいろいろ、締めにカレーライス2杯、コーンスープ3杯を胃に流し込んで、温泉に入った。

翌6月1日(土)は早朝4:15出発。
風情のある温泉街を後にして渋峠を目指した。



琵琶池

2019/06/01 05:46:46

琵琶池

志賀高原サンバレースキー場近くで、朝日に輝く琵琶池近くを快走する。
朝陽を浴びて池の水面から湯気がわき上がっていた。



渋峠

2019/06/01 07:27:06

渋峠

7:27 渋峠到着。

横手山ヒュッテで一服しようかと思っていたが、時間が早すぎてまだ開店していなかった。
峠近くでは残雪がたっぷり残っていた。
思ったより寒くなく、半袖ジャージにアームカバーで大丈夫でした。

フロンドバッグに入れてきた、おにぎりとくるみパンの朝食を摂った。



群馬県境手前

2019/06/01 07:57:36

群馬県境手前

標高2000m以上を快走する。
気分はサイコーですね。



進まない

2019/06/01 08:06:38

進まない

気持ちの良い道で、写真を撮ってばかりで、なかなか旅程が進まない(^_^;)
時間が早いせいか、サイクリストはほとんど見かけなかった。



絶景連続

2019/06/01 08:11:23

絶景連続

うむぅ
絶景かな。
片道だけではもったいなくて、往復したいくらいだ。
アップダウンは若干あるが、まだ足は余裕がある。




万座三叉路

2019/06/01 08:14:13

万座三叉路

ワインディングを下っていくと、万座三叉路が見えてきた。
交差点では草津町の職員が交通規制の対応をしていた。
県道446号に右折しようとすると、「自転車は通れないよ」という。
そんなはずはない。
有料の万座ハイウエイは走れないが、県道だったら大丈夫のはずだ。
須坂市に向かう旨を伝えると、大丈夫との事。

ちなみに白根山の火山性活動が活発で、草津に抜けるルートも二輪車・自転車は通行禁止でした。



毛無峠

2019/06/01 09:20:05

毛無峠

昔から一度行ってみたいと思っていた、毛無峠にやってきた。
日本離れした風景だ。
ホントは峠を下ってみたかったのだが、一度下ったら登ってこれそうにない程、路面がガレていたのであきらめた。もっとも立入禁止ですが。



毛無峠 索道鉄塔

2019/06/01 09:23:21

毛無峠 索道鉄塔

戦前は硫黄を採掘して精錬していた、小串硫黄鉱山があり、最盛期には2000人を越える人々が暮らしていたらしい。

里から遠く離れたこの地に、昔日の賑わいがあった事は、今では想像がつかない。



破風岳を望む

2019/06/01 09:29:20

破風岳を望む

毛無峠には駐車場があり、破風岳に至る登山道も整備されている。
いつかトレッキングしてみたいものだ。

が、なかなかここまで来るはちょっくらじゃない。



長野県道62号

2019/06/01 16:06:57

長野県道62号

毛無峠から長野駅まで下り、そこで自転車を輪行バッグに詰めて、北陸新幹線長野11:26発のあさまに乗り込んだ。
長野駅から上田駅までの1区間を新幹線、さらに上田駅から千曲バスで鹿教湯線に乗った。
ホントは武石線に乗りたかったが、時間が合わなくて12:12上田駅発、丸子駅12:54着の鹿教湯線に変更した。上田駅の観光案内所で丁寧に教えてくれました。
バスの運賃は上限300円。安いですね。
終点丸子駅で降りて、再び自転車を組み立てた。
ここから県道62号 美ヶ原公園線を走る。
これが長い登りで、結構きつかった。
長野駅から輪行をして正解だった。



王ヶ鼻 

2019/06/01 16:49:16

王ヶ鼻 

松本市越しに乗鞍、穂高、槍ヶ岳などが遠望できる。
ここまではダート、というよりもトレッキングコース。



グラベル 砂利道

2019/06/01 16:59:21

グラベル 砂利道

王ヶ鼻から王ヶ頭に至るダート
すれ違った人は4人ほどだった。
この時期にしては少ないのは、時間が遅いからか。
タイヤはPanasonicグラベルキング32Cを履いているので、この程度の砂利道だったら快適に走ることができます。
でもこういったエリアではマナーを守りましょう。



美ヶ原高原

2019/06/01 17:08:35

美ヶ原高原

王ヶ頭ホテルを通りすぎて牧場地帯にはいる。
牧場地帯の道は、自転車を降りて押して行きましょう。
この辺りはハイカーが多くなります。
牛もこんな広い牧場で暮らしたら、気持ち良いだろうな。



諏訪湖

2019/06/01 19:06:28

諏訪湖

美ヶ原からビーナスラインを南下して、諏訪湖畔に下った。
丸子駅から武石までひたすら登り、ビーナスラインも微妙なアップダウンがあって、へとへとになっていた。
計画では霧ヶ峰も廻って諏訪湖に下る予定だったが、時間的に無理と判断して和田峠から国道142号で一気に諏訪に下った。
上諏訪駅近くのビジネスホテル シェモアに投宿したのは19:00過ぎ。
霧ヶ峰まで行かなくて正解だった。 あまり欲張った計画は無理が生じますね。

夕食は上諏訪駅近くの居酒屋とんちん。
吉田類の酒場放浪記でも紹介されたことがある店だた。
カウンターに一人座ったのですが、ママや常連のお客さんとも仲良くなって、楽しいひとときを過ごせました。
生ビール4杯、焼酎お湯割り3杯、おつまみ3品をいただいて、お勘定は2,200円!
また行きたい♪